留学中の極意

現地留学エージェントは必要?

もしあなたが留学について何も知識が無い場合、「海外 留学」なんて調べますよね?

 

その時に必ず出てくるのが留学エージェントです。
留学エージェントとは、主に渡航前から帰国までを全てサポートしてくれる会社の事です。
 

 

留学初心者の人が最初にまず通る道は、ビザの申請の難しさに悩むことでしょう。
知っている人からすれば何てこと無い簡単な事なんて思いますが、
やはり言語も喋れない、渡航先の事もあまり知らないビギナーの方には難しい事だと思います。

 

そんな時に留学エージェントに依頼をすれば、
ビザ申請のサポートをしてくれるので自分でやるよりも数倍早く出来るのではないでようか?

 

そして学校選びも全く分からない、お金ってどうやって送金するの?どこに住めばいいの?など
様々な疑問がある方には、留学エージェントに助けてもらうのも一つの手でしょう。
(この様なお手伝いをしてもらう度に金額を払っていく制度もあります)

 

最近では小さいエージェントから大きいエージェントまで沢山あります。
エージェントによっても”売り”にしているものが違います。
例えば、初期に払わなければいけない金額はとても高いけれど
その分、留学するまでに日本で語学の学校に無料で通う事が出来る所や、
全てのサポートを無料でやってくれるところ、
初期に払う金額は安いけれどなるべく自力でやり、
学校や家を紹介してもらう度にお金を払うというエージェントなど様々です。

 

もしあなたが留学エージェントを使う事を考えているのなら、
現地(あなたが渡航する都市)にも日本人在中の現地本部があるエージェントをお勧めします。

 

なぜかというと、一番困った事が起きるのは渡航前よりも渡航後の方が多いからです。
渡航前でしたら、日本ですしもし何かあっても日本語で解決できますが、
渡航後は異国の地です。

 

特に言語に自信の無い人は尚更、
何かあった時に現地に日本人のエキスパートがいたら安心ですよね?

 

エージェントによっては日本しかオフィスを持たない会社や、
現地にオフィスはあるけれど日本人の人が働いていないなどといった場合があります。

 

留学エージェントは日本から探して行く事も出来ますし、
現地で日本人経営の留学エージェントを探す事も出来ます。
また、留学エージェント主催の日本食パーティーや旅行など、
海外にいながらもオフィスの中だけは日本の空間なので、
勉強に疲れた時に行くと日本人がいて日本語が聞こえて安心します。

 

出来るだけ自分で挑戦してみたいけど少しだけ自信がないという人には
ぜひ留学エージェントに助けてもらう事をお勧めします。

留学中に良く使う言葉!

留学をして二週間程してくると、少しだけ耳が慣れてきます。

 

そしてお買い物をしたり外食をしていくうちに、
だいたい店員さんが言う決め文句のような言葉がある事に気づいてくると思います。

 

例えば日本だと「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」
「袋にいれますか?」などがあるようにその国によって接客時に毎回言う言葉があるのです。

 

そのような身近な言葉から覚えていくととても便利かもしれませんね。
特に自分が働く時はそのままのフレーズを真似してみましょう。

 

また、自分が何かを注文するときにも
「〜もらえますか?」「Can I have, Can I get〜?」(英語)のような
生活では絶対に欠かせない言葉でなおかつ簡単なフレーズを覚えておくと
それだけでお買い物の幅が広がります。
上記のフレーズは外出すれば必ず一度は使うでしょう。

 

また、日本では「ご機嫌いかが?」なんてセレブのような挨拶をする人は少ないと思いますが、
海外では再会する度に「最近調子どう〜?」「How have you been?」(英語)という具合で
毎回毎回言われます。
しかも言い回しは10パターン以上!

 

それは日本人の感覚にはないので、
直訳してしまうと上記のように少し変な感じになってしまいますが、
そこにはあまり深い意味はなくいわゆる「いらっしゃいませ」のような挨拶の一環なのです。

 

その何パターンも知っておき、その日の気分によって使い分けられる様になったら
きっとあなたもネイティブに一歩近づける事間違いなしです。

 

そしてもう一つ良く使う言葉としては、相づちです。
日本だと「うん、うん」といった具合ですが、
海外で「うん」と日本語で相づちをすると、
この人は私が話している事が分かっていないのかな?なんて勘違いされてしまいます。

 

また相づちをする間も日本とは違います。
相手が一言話すだびに「え〜?本当?」といった具合で
「Oh!really! ,wow,nice」(英語)など大げさでもいいので必ず反応をして下さい。

 

語学を学ぶのに必要なのは一個一個の単語を覚えていく日本式の語学勉強方ではなく、
流れでフレーズを覚える事がとても重要だと思います。

 

もちろん多くの単語を知っている事は強みになりますが
それにこだわりすぎて机でばかり勉強していては実践で使える言語も身につきません。

 

実際に住んでみるとネイティブの人は
私たちが日本の授業で学んだような語学(特に英語)なんて
使っている人がいないことに気がつきます。

 

ぜひ現地で積極的に外出をして簡単なフレーズを覚えてみましょう。